• 今日18/15
  • 明日24/12
文字サイズ

出世大名家康くんが教える!健康の秘訣

13/39

静岡県浜松市

■第18回 ストレスとの上手なつきあい方

◆ストレスとは?
ストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。天候、騒音、病気、睡眠不足、人間関係、学校や仕事など、日常の中のさまざまなものが刺激となり、ストレスの原因になり得ます。
また、進学や就職、結婚や出産といった喜ばしい出来事も、刺激であり、ストレスにつながる可能性があります。
適度なストレスはやる気や集中力を高めたり、モチベーションの向上になりますが、過度なストレスにさらされていると、心や体の調子を崩してしまうことがあります。

◆自分のストレスサインを知ろう
ストレスを受けている状態では、眠れない、お腹が痛くなる、怒りっぽくなるなど、何かしらストレスサインが現れます。

◇心のサイン
・いらいら
・泣けてくる
・意欲の低下
・判断力、記憶力の低下

◇体のサイン
・不眠
・食欲不振
・頭痛
・肩こり
・胃腸の不調
・疲れがとれない
・血圧上昇

◆ストレスと上手に付き合うために
(1)ストレスケアは3つのRを意識しよう
休息や休養(Rest)、ストレッチや音楽など緊張をほぐすリラクセーション(Relax)、運動や旅行など趣味娯楽や気晴らし(Recreation)を意識してケア方法を考えてみましょう。

(2)毎日の生活習慣を整えよう
良質な睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動をしましょう。

(3)困ったときは誰かに話してみよう
困ったときやつらいときに、話を聞いてもらうだけでも気持ちが落ち着くことがあります。話しているうちに自分が大切にしたいことや解決策が見つかることもあります。

心と体の不調が続くときには、専門家(医療機関や行政機関など)に相談することも検討しましょう。
心と体の状態を意識することが大切なのじゃ!

【市HP】「精神保健福祉センター」で検索

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/sei-hokenc/soudan/seisin/index.html

問合:精神保健福祉センター
【電話】457-2709

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

広報プラスーはままつー

MENU