• 今日9/6
  • 明日13/6
文字サイズ

三遠南信ふれあいウォーク《南信州地域263》

9/36

静岡県浜松市

■よみがえった古墳時代の鎧(よろい)〜短甲(たんこう)〜
100年ほど前に飯田市内の古墳から発見され、飯田市考古博物館で収蔵していた2つの短甲が、修復を終えて常設の展示に加わりました。短甲は今からおよそ1600年前の古墳時代につくられた貴重な“鎧(よろい)”です。高度な技術でつくられた短甲は、飯田が古墳時代に繁栄したことを今に伝える逸品です。
考古博物館では、旧石器時代から奈良・平安時代までの飯田の歴史を紹介しています。原始・古代から多くの人々が暮らし、交通の要所であった飯田ならではの貴重な出土品をぜひご覧ください。

「三遠南信ふれあいウオーク」は、浜松・豊橋・飯田の三市で共同制作しています。

開館時間:9:30~17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料:大人200円 高校生150円 小中学生100円
場所:長野県飯田市上郷別府2428-1

問合:文化財保護活用課(考古博物館)
【電話】0265-53-3755

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

広報プラスーはままつー

MENU