• 今日32/24
  • 明日30/23
文字サイズ

浜松・浜名湖地域の食材 浜松パワーフードを食べよう!

13/41

静岡県浜松市

■第39回 鶏もも肉のバスク風トマト煮
※料理の写真は、広報紙表紙に掲載しています

〜今月のパワーフード〜
・パプリカ
緑色のピーマンに比べて、赤色のパプリカはカロテンとビタミンC、黄色のパプリカはビタミンCが豊富です。日本で流通しているパプリカは輸入品が多くを占めますが、浜松でも生産されており、地元野菜を扱う店に並びます。

◆材料(2〜3人分)
鶏もも肉(人数分に切る):260g
〔A〕
玉ネギ:80g
赤パプリカ:50g
黄パプリカ:50g
ニンニク:1~2片

薄力粉:適量
サラダ油:適量
白ワイン:30ミリリットル
ホールトマト:200g(液体も含む)
〔B〕
水:400ミリリットル
チキンコンソメ:7~10g
塩:5~7g

塩コショウ:少々
オリーブオイル(仕上げ用/お好みで):10ミリリットル

◆作り方【調理時間:40分程度】
(1)鶏もも肉を軽く叩く。玉ネギは縦半分に切り、さらに横半分に切り、1mm幅に切る。パプリカは縦2mm幅に切る。ニンニクは軽くつぶす。
(2)鶏もも肉の両面に薄力粉をまぶし、フライパンにサラダ油を入れ、弱中火で皮目は濃いきつね色、肉は薄い焼き目がつくくらいまで焼く。焼けたら取り出し、塩コショウをかける。
(3)フライパンについたカスをクッキングペーパーで少し拭き取り、そのフライパンにAとサラダ油を入れて弱中火で3分ほど焼く。
(4)しんなりしてきたら白ワインを入れ、アルコール分が飛ぶまで加熱する。手で軽くつぶしたホールトマトとBを入れて強火で沸かし、沸いたら弱中火にする。
(5)(2)を1口大に切り、(4)に入れておよそ15分煮込む。少しとろみがついてきたら塩コショウで味を調え、仕上げにオリーブオイルを入れて軽く混ぜる。

◇POINT
今回は、早く火を入れるために鶏もも肉を切ってから煮ていますが、一枚肉のままでも大丈夫です。その場合は10分くらい煮込み時間を延ばしてください。
(6)お好みの付け合わせ野菜の上に(5)を盛りつけたら完成!

◆レシピ提供者からひと言
鶏もも肉のレシピですが、手羽先や手羽元でもおいしく召し上がれます。また、今回の掲載写真では、夏に旬を迎える浜松産ズッキーニとナスのソテーを添えました。ジャガイモなどを使っても良いと思います。

▽レシピ提供者
THE BRASSERIE 料理長 田中 宏さん
県立浜松商業高等学校卒業後、東京の老舗レストランへ。フレンチ、イタリアン、和食を経験し、10年前に帰郷。現在に至る。

クックパッドに細かいポイントを掲載しています!
https://cookpad.com/kitchen/48176364
※QRコードは本紙をご覧ください

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

広報プラスーはままつー

MENU