• 今日11/5
  • 明日9/6
文字サイズ

【巻頭特別企画】いざ出陣!!

1/35

静岡県浜松市

1月8日(日)「どうする家康浜松大河ドラマ館」が建つ浜松出世パークで、大河ドラマ『どうする家康』東海プレミアリレーin浜松出陣式を開催しました。

■大河ドラマ「どうする家康」東海プレミアリレーin浜松出陣式リポート
大河ドラマ「どうする家康」で主演を務める徳川家康役の松本潤さん、本多忠勝役の山田裕貴さん、榊原康政役の杉野遥亮さんをゲストに迎え、抽せんで選ばれた3,197人がトークイベントを楽しみました。

■登壇したキャスト3人のメッセージ
◇徳川家康役 松本潤さん
「出世の街」と呼ばれる浜松に、放送初回の日に来ることができて嬉(うれ)しく思います。実はこの会場には、以前も来たことがあるので、感慨深いです。今日は、静岡からの移動中、家康公の人生最大の敗戦の地と言われる三方ヶ原の近くを通りましたが、今まさにちょうどその辺りの撮影をしています。ぜひ楽しみにしていてください。家康公は、晩年の“狸(たぬき)オヤジ”のイメージがありますが、若いころに戦国大名とどう渡り合ってきたかがポイントだと思います。一生懸命選択をしたり家臣のみんなに助けてもらったりしながら、前に進んでいく家康公の様子は、皆さんに共感してもらえるのではないかと思います。私よりも、浜松の皆さんの方が家康公に詳しいかもしれませんが、そんな皆さんに愛される家康公を、精一杯演じたいです。1年間よろしくお願いします。

◇本多忠勝役 山田裕貴さん
これが戦国時代最強と言われた本多忠勝だ、と皆さんに思ってもらえるように頑張りたいです。撮影では、クランクインからアクションシーンがあったので、体を強くして臨みました。このドラマは、タイトル通りに「どうする」という場面が多く、愛らしさや悲しさが伝わる、共感できる主人公だと思います。きょう、会場に来られなかった方々も含め、たくさんの味方がいると感じていて、今、楽しくて仕方がない気持ちです。この作品が愛されるよう、最後まで殿に付き従って頑張っていきたいです。

◇榊原康政役 杉野遥亮さん
きょう、浜松市を訪れて、とても一体感のある街だと感じました。私が演じる榊原康政は、小姓から見いだされ、家康から「康」の字を名前にもらった人物。その名前に負けないよう頑張りたいです。初めての大河ドラマへの出演が決まり、不安を感じていた時に、私自身も松本さんから連絡をもらってとても嬉(うれ)しかったことを思い出しました。ドラマで浜松が舞台となるのは、始まって少し経(た)ってからですが、康政が家臣になっている頃なので、活躍を浜松の皆さんにお見せしたいです。

◎広報紙2〜3ページで使用している画像はNHKが提供
◎広報はままつは、市民の皆さんに市政情報を届ける冊子です。転売、転載などはしないでください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

広報プラスーはままつー

MENU