• 今日12/5
  • 明日10/3
文字サイズ

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に関するお知らせ

1/33

静岡県浜松市
記事本文を読み上げる

このページは「やさしい日本語(にほんご)」で書(か)いています
※このページに書(か)いているのは8月(がつ)16日(にち)の情報(じょうほう)です

■新(あたら)しい情報(じょうほう)をインターネットで見(み)る
○市感染症(しかんせんしょう)対策(たいさく)サイト
○市公式(しこうしき)ホームページ
○「コロナビ浜松(はままつ)」
子供(こども)を育(そだ)てている人(ひと)とおなかに赤(あか)ちゃんがいる人向(む)け
○市公式(しこうしき)SNS
・ライン
・ツイッター
・フェイスブック

▽熱(ねつ)やせきなどがあります。どうすればいいですか。
(1)「かかりつけ医(い)」(いつも行(い)くお医者(いしゃ)さん)に電話(でんわ)で相談(そうだん)します。
(2)「かかりつけ医(い)」を決(き)めていないときは、新型(しんがた)コロナコールセンターに電話(でんわ)します。電話(でんわ)をするとメッセージが聞(き)こえます。メッセージの後(あと)に「1」を押(お)します。相談(そうだん)ができます。お金(かね)はいりません。

■デルタ株(かぶ)について浜松市(はままつし)感染症対策(かんせんしょうたいさく)調整監(ちょうせいかん)矢野邦夫(やのくにお)先生(せんせい)に聞(き)きました
▽これまでのウイルスとデルタ株(かぶ)との違(ちが)いは何(なん)ですか?
2019年末(ねんまつ)に中国(ちゅうごく)武漢(ぶかん)で発生(はっせい)した頃(ころ)のウイルスとデルタ株(かぶ)を比(くら)べると、感染者(かんせんしゃ)が口(くち)や鼻(はな)から出(だ)すウイルスの量(りょう)は1,000倍(ばい)以上(いじょう)多(おお)くなりました。そのため、感染力(かんせんりょく)が強(つよ)く、重症化(じゅうしょうか)する人(ひと)も増(ふ)えています。

▽これからもデルタ株(かぶ)の感染(かんせん)は拡大(かくだい)(増(ふ)える)していくのでしょうか?
デルタ株(かぶ)は家庭内感染(かていないかんせん)が多(おお)いですが、家庭内(かていない)での感染予防(かんせんよぼう)は難(むずか)しいです。また、子供(こども)への感染(かんせん)も多(おお)いです。そのため、デルタ株(かぶ)の感染(かんせん)はもっと広(ひろ)がると思(おも)います。第(だい)5波(は)はとても大(おお)きくなると思(おも)います。

▽ワクチンの接種(せっしゅ)は、デルタ株(かぶ)にも効果(こうか)がありますか?
ワクチンの効果(こうか)は「感染予防(かんせんよぼう)」「発症予防(はっしょうよぼう)」「重症化予防(じゅうしょうかよぼう)」です。「感染予防(かんせんよぼう)」「発症予防(はっしょうよぼう)」の効果(こうか)は少(すこ)し下(さ)がりましたが、それでも大(おお)きな効果(こうか)が期待(きたい)できます。「重症化予防(じゅうしょうかよぼう)」にはとても有効(ゆうこう)です。

▽デルタ株(かぶ)に感染(かんせん)しないためには、どんな感染予防(かんせんよぼう)が必要(ひつよう)ですか?
感染対策(かんせんたいさく)はこれまでと同(おな)じですが、飛沫(ひまつ)の予防(よぼう)がとても大切(たいせつ)です。しっかりとマスクをしてください。マスクから鼻(はな)を出(だ)していたり、マスクと顔(かお)の間(あいだ)に大(おお)きな隙間(すきま)があると、マスクの効果(こうか)が大(おお)きく減(へ)ります。

問合せ:浜松市(はままつし)新型(しんがた)コロナワクチン専用(せんよう)ダイヤル
【電話】0120-319-567(さんいちきゅうコロナ)(0円(えん))
(9:00〜17:00/毎日(まいにち)つながる)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

広報プラスーはままつー

MENU