• 今日27/20
  • 明日26/20
文字サイズ

浜松でキャンプ・1

4/33

静岡県浜松市

さまざまなメディアで取り上げられ、昨年には「ソロキャンプ」が新語・流行語大賞のトップ10にも選ばれるなど、盛り上がりを見せているキャンプ。今月の特集では、アウトドアでのキャンプの魅力を紹介します。
一年を通して温暖な浜松では、一年中キャンプが楽しめます。
キャンプを通して、普段の生活では気付いていない浜松の魅力にも気付けるかも!?
●キャンプの魅力は私が紹介します!
龍山秘密村(キャンプ場)村長 川道光司さん

■キャンプ人気の高まり
自然の中で非日常を味わえるキャンプ。密にならない環境下で楽しめるアウトドアの一つとして、最近注目を集めています。
最近のキャンプブームの一因となっているのが、ユーチューブやSNSでのキャンプ風景の発信や、キャンプを題材とした漫画やアニメなど。こうした媒体を通して、キャンプの魅力が広まり、若い世代やファミリー層などを中心に、キャンプを始める人が増えています。

■キャンプスタイルの多様化
キャンプというと、大人数でにぎやかに楽しむもの、といったイメージを持っている人もいると思いますが、最近はたき火をしながら星空などを楽しむ「冬キャンプ」や、1人の時間をゆっくり過ごす「ソロキャンプ」など、キャンプスタイルもさまざまです。
また、自分でテントやキャンプ用品などを用意しなくても気軽にキャンプ体験ができ、ホテル並みの快適なサービスを受けられる「グランピング」など、自分に合ったスタイルで楽しむことができるようにキャンプ場も変化してきています。

◆自分のスタイルで楽しもう!さまざまなキャンプスタイル
▽【オートキャンプ】テントを張る場所の近くまで車を乗り入れてキャンプ
車の中も有効活用でき、冬のキャンプや家族連れのキャンプなど、荷物が多い時にも便利。
▽【グランピング】あらかじめ設営されたテントやベッド、食事などが用意されているキャンプ
キャンプ初心者でも、気軽に楽しめます。フルーツパーク時之栖などで体験できます。
▽【デイキャンプ】日帰りで行うキャンプ
テントや寝具などの用意をしなくてもいいので、身軽に、気軽にキャンプを楽しむことができます。読書をする、バーベキューをするなど、楽しみ方はさまざまです。
▽【ソロキャンプ】1人で行うキャンプ
ゆっくりと1人の時間を過ごしたい人におすすめです。バイクや自転車の旅にソロキャンプを取り入れる人もいます。

●ここに挙げた以外にも、まだまだたくさんありますよ!
※公園などではキャンプやたき火はできません。また、キャンプをする際は、マナー
を守り、感染症対策などに十分に気を付けてお楽しみください。

◆浜松なら年中楽しめる!キャンプの魅力春夏秋冬
▽春
ぽかぽか陽気の中、桜の木の下でお花見キャンプ。春の野菜を使った料理で、お腹の中もぽかぽかに♪
▽夏
川遊びや虫取りを楽しんだあとに、家族でバーベキュー。広いキャンプ場を利用して、スイカ割りにも挑戦!
▽秋
おしゃれに飾り付けしてイベントを楽しんだり、リンゴやサツマイモなど、秋の味覚をたき火でホイル焼きしたり。紅葉を見ながらのキャンプも◎
▽冬
澄んだ空気の中、満天の星空を眺める。家族や友人とたき火を囲んで、思い出話に花を咲かせるのも楽しい♪

●初心者が楽しむコツ
道具も料理もテント設営も、初めから完璧なキャンプを目指すと、疲れてしまいます。上手く手を抜いて、自分のやりたいこと、好きなことにたっぷり時間を取りましょう。そうすれば、気が楽になって、キャンプが楽しくなるはず。ベテランキャンパーもさまざまな失敗や経験を重ねて自分なりのスタイルを見つけているので、失敗を恐れず、まずはとにかくやってみよう!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

広報プラスーはままつー

MENU